loading...

参議院愛知選挙区候補 日本共産党

すやま初美

すやま初美 もっと自分らしく生きられる社会へ。

政策

暮らしに希望を

すやま初美が目指す
3つのプラン

すやま初美 8時間働けばふつうに暮らせる社会へ 1

8時間働けば
ふつうに暮らせる
社会へ

中小企業を支援して最低賃金を1500円に。

すやま初美は
すやま初美は聞きました

若者の願い
を聞きました

「最低賃金が1500円になったら、あなたは何をしたいですか?」と、深夜の繁華街で若者と対話。毎朝5時に家を出る警備の仕事の青年は「唯一の楽しみは友達とのカラオケ。今日も1円でも安い店を探しまわった。時給が上がったら野球観戦がしたい」と。

普通に暮らせない日本の最低賃金

日本の最低賃金は先進国で最低クラス。労働組合の試算では、1か月普通に生きるのに最低時給1300円以上必要と。現在、愛知の最低賃金は898円で、これでは普通に暮らせません。

中小企業支援とセットで最賃アップは地域経済を元気に

最低賃金の引き上げで恩恵が大きいのは、女性や非正規雇用の労働者。地方経済活性化の波及効果も。重要なのは中小企業への強力なバックアップ。安倍政権の中小企業の賃上げ支援策の予算は1社あたり月にわずか200円。日本共産党は思い切った予算規模の拡充で、社会保険料の事業主負担分の軽減を行い、賃上げを応援します。

残業代ゼロ制度を廃止。長時間労働を法律で規制します。

すやま初美は
すやま初美は聞きました

ママの願い
を聞きました

「夫が毎日深夜に帰り、朝早く出かけます。このままでは過労死するのではと、心底不安です」と若いお母さんから。働きすぎて命を落とす社会を、どうしても変えたい。

8時間働けば普通に暮らせる社会を作りたい

グラフィックデザイナーとして働いた10年間。やりがいを感じながらも、長時間労働で体や心壊し会社を去っていく仲間の姿も見てきました。人間らしく働けるルールづくりは、私自身の心の底から湧き上がる願いです。

すやま初美 お金の心配なく学び、子育てできる社会を 2

お金の心配なく学び、
子育てできる社会を

大学の授業料をただちに半額にし、段階的に無償化します。

すやま初美は
すやま初美は聞きました

学生の願い
を聞きました

「何百万もの借金を背負っての社会人スタートはリスクが高い」と奨学金を借りずにアルバイトをいくつも掛け持ちして、疲れ切っている大学生や専門学校生から話を聞きました。

学ぶために、お金の心配が尽きない現状を変えよう

『返さなくていい給付型奨学金』は対象枠が狭すぎる上、日本の大学費は世界的に見ても高い。安倍政権は、学費の値上げを抑えもしません。授業料減免の対象は、現在の大学・短大・専門学校の全学生の1割程度です(文科省の答弁より)。すべての学生を対象に、授業料は半額に、そして段階的無償化で、お金の心配なく学べる社会に。

認可保育園の30万人分増設と「幼児教育・保育の無償化」を実施します。

子育て支援で、いま最優先で取り組むべきは待機児童の解消です。保育の質を落としてつめこむやり方ではなく、安心して子どもをあずけられる保育園の増設を。そして消費税増税なしで「幼児教育・保育の無償化」を実施します。

すやま初美 暮らしを支える社会保障の充実 3

減らない年金で
安心の社会保障を

「減らない年金」にします。

すやま初美は、安心の年金を求める声をにこたえます

100年安心のはずの年金が、貯えがなければ暮らせない、貧しい年金であることを示す金融庁の報告書を、政府はなかったことにしようとしました。自動的に年金を削る、マクロ経済スライドは廃止し、暮らせる年金に。

低年金者の年金を年間6万円上乗せし、底上げします。

国民健康保険料(税)を抜本的に引き下げます。

高すぎる国保が払えず、保険証を取り上げられ、病院にかかれないという声が広がっています。暮らしを支える社会保障に変えます。

子どもの医療費無料化を国の制度に
低所得者の介護保険料を3分の2の水準に軽減
安倍政権が行った生活保護の削減を中止し、支給水準の回復を
障害者(児)福祉・医療の無料化

財源は
消費税に頼らない別の道で

消費税10%を中止し、3つの提案で7.5兆円の財源 大企業への優遇税制をあらため、中小企業なみの負担に→4兆円
	富裕層優遇の証券税制をあらため、最高税率の引き上げを→3.1兆円
	米軍への「思いやり予算」を廃止→0.4兆円

以上の改革で7.5兆円の確保は十分に可能です。企業・団体献金を1円も受け取らない、日本共産党だからこそできる提案です。

ジェンダー平等へ
ハラスメントの
ない社会を

すやま初美 ジェンダー平等へハラスメントのない社会を

ハラスメント禁止を明確にした法整備を

セクハラや性暴力の被害をなかったことにしたくないという #MeToo 運動に寄り添い、私は愛知で「ハラスメント撲滅プロジェクト」を立ち上げました。日本にはハラスメントを禁止する法律が無く、ハラスメントそのものの禁止や被害者を救う制度を持っていません。先進国でたった3カ国だけです。

かつて愛知選挙区で初の共産党の参議院議員となった八田ひろ子さんがDV防止法を実現したように、私も国会でハラスメント禁止の法律をつくることをめざします。

ハラスメント撲滅プロジェクト

ハラスメント撲滅プロジェクト ウェブサイトへ

愛知の声を
届けます

すやま初美 愛知の声を届けます

価格保障と所得補償の充実で家族農業を応援します

「後継者不足と高齢化で同業者が少なくなっている」「関税が撤廃されると今から農業をやる人の障害になる」――全国有数の農業県・愛知で、農家の声を聞いてきました。愛知の農業を壊す農産物の関税撤廃は許しません。

F35整備拠点化を許しません

三菱重工小牧南工場で組み立てられ、愛知の空を使ってテスト飛行を繰り返したF35戦闘機が青森で墜落しました。「テスト飛行は中止してほしい」という声が寄せられ、すぐに東海防衛局へ飛行中止を申し入れました。小牧南工場をF35戦闘機のアジア・太平洋地域の整備拠点にさせません。

すやま初美 愛知の声を届けます

憲法9条を守り、
暮らしにいかす

「平和憲法を変える必要性を感じない」――どの世論調査でも、この声が多数派です。自民党はこの参議院選挙で初めて「憲法改正」を大きく公約に。一方で野党は、安倍政権のもとで平和憲法を壊す改憲をとめようと、「共通政策」を結びました。この選挙は安倍9条改憲を市民と野党の共同の力で跳ね返す選挙です。

「誰の子どもも殺させない」「立憲主義ってなんだ」多くの市民が集団的自衛権行使容認の安保法制=戦争法の強行はおかしいと声をあげ、国会前を埋め尽くしました。バラバラだった野党が手をつないだ出発点は、安保法制の廃止と立憲主義の回復でした。

公文書の改ざん、日報の隠蔽など嘘やごまかしの政治を変えようと、野党はこれまでにない国会内での結束を固め、沖縄県民の願いと地方自治を押さえつける辺野古新基地建設の強行や、相次ぐ原発の再稼動を許さない、と野党が共通の思いを政策に掲げるまでに、野党共闘は進化しました。

野党の共通政策に貫かれているのは日本国憲法の精神です。「憲法は過去の政府の失敗のリストだ」と憲法学者の木村草太氏は述べました。戦争、人権侵害、独裁、権力が暴走したこれらの過ちを二度と繰り返さないようにできたのが憲法だと。

戦前、戦争に反対と口にしただけで命まで奪われた時代から戦争を拒み、主権者は国民にあることをブレずに貫いてきた、日本共産党のひとりとして、憲法を壊す政治を打ち破って、憲法を暮らしにいかす政治に変えるため、全力を尽くします。

このページ
をシェア
LINEで送る